脂質異常症にはサプリメント?完全ガイド!!

タバコは脂質異常症を引き起こしやすい

 

 

昔は結構いろいろな場所でタバコを吸うことができていたものですが、最近は完全に禁煙になっているお店も多くなってきています。ですので、喫煙者としてはとても不自由ではあるのですが、喫煙者だけではなく、回りにいる人にも害を与えてしまうものですから。しかたがないことでしょう。ちなみに、脂質異常症ともタバコというのは密接な関係があるのです。

 

血圧を上昇させる
タバコを吸う事によって、自律神経の交感神経が強くなります。これによって、血圧が上昇してしまうことになるのです。交感神経が強くなっているということは、ストレスを感じている時と同じ状態になってしまいます。

 

そうなるとコレステロール値を上昇させるホルモンの分泌量が増えやすくなってしまうのです。ですので、タバコを吸っていると脂質異常症や高脂血症になりやすくなると言われているのです。

 

動脈硬化になるリスクが高くなる
脂質異常症から、動脈硬化などのような合併症になりやすくなってしまいます。喫煙をすると活性酸素が大量に作られることになります。これによって、血中コレステロールが酸化をしてしまって、動脈内部に沈着してしまい、動脈硬化になりやすくなってしまうのです。

 

さらに動脈硬化になるということは、死亡率が高い心筋梗塞などのような病気を引き起こす可能性も高くなるということになります。このようにタバコというのは非常に健康に悪いですから、今すぐにでも禁煙をしていくべきなのです。

 

禁煙をしよう
自分の力だけで禁煙をするというのは、非常に難しいものです。特にタバコを頻繁に吸っている人の場合は、禁煙というのはとても苦痛なものですし、すぐに諦めてしまいやすいものです。

 

また、独力で禁煙をした場合、甘いお菓子などを大量に食べてしまうということも多いのですが、これではコレステロール値が更に高くなってしまう可能性もあります。ですから、自分の力だけで禁煙をするのではなく、禁煙外来を利用した方がいいでしょう。

 

何が原因で脂質異常症になってしまうの?

 

普段の食生活が脂質異常症の原因になってしまっていることが非常に多いです。中でも、高中性脂肪血症や高LDLコレステロール血症というのは、特に食生活によって引き起こされてしまうことが多いのです。今回は、脂質異常症の原因を種類別で解説していきます。

 

高中性脂肪血症の原因
カロリーが高いものを日常的に食べていたり、暴飲暴食をしてしまっていると、摂取カロリーが常に多くなってしまいます。これが原因で中性脂肪が体の中に溜まっていき、高中性脂肪血症を引き起こしてしまいます。中でも普段から結構お酒を飲んでしまっているのであれば、それだけ中性脂肪も貯まりやすくなりますので気をつけてくだし。

 

高LDLコレステロール血症の原因
高LDLコレステロール血症の場合、乳製品や肉などのように動物性脂肪が多く含まれている食べ物を食べ過ぎてしまっていると、こちらも摂取カロリーが増えすぎてしまいます。これが高LDLコレステロール血症の原因になるのです。

 

低HDLコレステロール血症
低HDLコレステロール血症の場合は、喫煙や太り過ぎ、運動不足などが原因であることが多いです。ですので食生活にも注意をしておかなくてはなりませんが、生活習慣も改善していかなくてはなりません。

 

脂質異常症について

 

血液の中に存在している中性脂肪やコレステロールなどのような脂質が基準値よりも高くなってしまっていると脂質異常症と診断されることになります。一昔前は高脂血症と呼ばれていることもありましたが、現在は脂質異常症と呼ばれるようになっています。

 

脂質が血液中に増えすぎてしまうと動脈硬化になりやすくなってしまいます。そして、動脈硬化になりやすくなるということは、脳梗塞や心筋梗塞などのような病気の発症リスクも増加してしまうということになります。

 

脂質によってドロドロの血液になってしまっている状態のことを脂質異常症と考えて差し支えはないかと思います。この脂質異常症になってしまったとしても、自覚症状が現れることは殆ど無い状態です。ですので、適切な対策をしないままになってしまい、急に脳卒中などの症状が出てしまったという人も結構います。

 

このようにならないようにするためにも、日頃の生活習慣を見直すようにしましょう。また、定期的に健康診断を受けて、脂質異常症の可能性があると診断されたのであれば、脂質異常症に効くサプリメントや、病院で適切な治療をスタートさせるようにしましょう。

 

人間の体の中には悪玉コレステロールと善玉コレステロールが存在しているのですが、この2つのコレステロールというのは何が違っているのでしょうか?どちらもコレステロールになっているのですが、このコレステロールというのは、血液に溶け込むということはありません。

 

リポ蛋白に守られながら、血液中を漂っているのです。そして、体全体にコレステロールを運搬する役割があるのが悪玉コレステロールと言われるもので、体から使われていないコレステロールを回収する役割を担っているのが善玉コレステロールになっています。

 

悪玉コレステロールのほうが多くなっているのであれば、それだけ体にコレステロールが溜まってしまいやすくなるということになります。反対に悪玉コレステロールがそこまで増えていないとしても、善玉コレステロールが少ない状態になっているのであれば、これもコレステロールが溜まってしまうということになります。

 

更新情報・お知らせ

(2016/01/07)
大豆ペプチドの摂取目安量を更新しました
(2016/01/07)
ハトのマークの引越センターの評判とプラン料金を更新しました
(2016/01/07)
Dr.makel オールインワンゲルを更新しました
(2015/12/24)
脂質異常症ではどんな食事療法が行われる?を更新しました